フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« ウォーデンズ・キープ | トップページ | ウォーデンズ・キープ(その3) »

2010年1月25日 (月)

ウォーデンズ・キープ(その2)

 よく言えば一軍固定メンバー、悪く言えばマンネリ思考停止メンバーで、いざソルジャーズ・ピークを目指します。  

Screenshot20100124225255910
「メイカーズ・ブレス! なんつう大きさだ!」
 というほど中はそんな大きくも広くないんだが、おそらく映画「スターウォーズ」の、デススター突入直前のくだりのオマージュだろう。
 レッドツー「見ろよ!なんつうでかさだ!」 レッドリーダー「私語を慎め、全機戦闘速度!」
 

Screenshot20100124225306393
 画像枚数(容量)制限のきついこのBlogですが、これは外せなかったw。
「ほら、僕の地図は確かだったろ?」と得意げに話すレヴィへの返答の一番上が「認めなさいよ、何度か道に迷ったじゃないの!」ってのw。その言い訳が「いや、迷ったんじゃないよ、雪と氷で地図がびしょぬれなんだよ!」

Screenshot20100124225452405
 これもはずせないよーw。
アリスター「ソルジャーズ・ピーク・・・。かつてグレイ・ウォーデンの栄光を日々見守ってたのか。いや何世紀もの間といったほうがいいのか」
モリガン「ウォーデンが権勢を極めし頃、員数は満ち、その力量疑うべくもなし。今やあんたみたいな奴でもはいれるようになっちゃったけどさ、アリスター?」
アリスター「おーいっ!」
 ストーリー展開が鈍るとかいいながら、こんなトリビアばっか紹介してるなw。でも、アリスター連れてきてよかった(ここだけかい!)。

Screenshot20100124225855671
 ほらほら、ストーリー、ストーリーw。先に進むよ! 

Screenshot20100124225900758
 突如カットシーン!
「ひけーぃ! 皆の者即座にひくのだっ!」
「マイロード、ソルジャーズ・ピーク攻略は難儀ですぞ」
「余が名誉ある死を授けてやろうというのに、臆病者どもめ穴倉に篭りおったわ。王の命どおり篭城で飢え死にさせるしかなかろう」
「しかし何ヶ月もの兵糧を有してると思われますが」

Screenshot20100124225916859
「ならば、剣が持てぬほど弱るまで待つのだ。それから最期の裁きをくわえてやろうぞ」

Screenshot20100124225939083
レヴィ「な、なんだったんだ? 頭がボンヤリして・・・。僕だけじゃないよな、みんなも見えたよな?!」
レリアナ「オリージャンの叙事詩に似たようなものがあるわ・・・。夢の中に、詩の中に囚われし美女、決して目覚めないベリッサ・・・」
レヴィ「・・・ウォーデン、君のこの美しいお友達は・・・、ちょっと危なくないかい?」

 まあ、こんなだからこの三人はずせないんですよねw。

« ウォーデンズ・キープ | トップページ | ウォーデンズ・キープ(その3) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33117619

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーデンズ・キープ(その2):

« ウォーデンズ・キープ | トップページ | ウォーデンズ・キープ(その3) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31