フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« ウォーデンズ・キープ(その2) | トップページ | ウォーデンズ・キープ(その4) »

2010年1月25日 (月)

ウォーデンズ・キープ(その3)

 表題まで入れ子になっちゃったので今修正しましたが、DLC名は「ウォーデンズ・キープ」で、クエスト名、地名が「ソルジャーズ・ピーク」でした。ややこしいw。

 前にも書きましたが、一旦ある時点までク リアしてからは、二度と城塞(キープ)内に入れません。従って外周は隅々まで見て回ります。先達の忠告は聴いておくものです。

Screenshot20100124230105385
 一回目のプレイで、ほんとーーーーーに泣かされたのがこの彫像。こいつ、クリックできるポイントがちょっとずれてて見つからず、後でよいと思って放置してしまったからさあ大変。一人目主人公は、なんとこのDLCを二回クリアせざるを得なくなりました><。
 レアアイテムの必須ヒントがありますので、ぜひクリックを!

Screenshot20100124230152080
 ウォーデン特有のグリフォン・エンブレムの入った鎧を着たまま骨になっている。

Screenshot20100124230431722
 で、通り過ぎればやっぱアンデッドとして復活して攻撃してくる。これの繰り返し。

Screenshot20100124230835513
 一通り外周のアンデッドを始末したら、いよいよ内部へ入ります。
 水筒持った? ちり紙持った?
 いあいあ、クリア直前まで行かなければ出入りできますのでw。むしろ、インヴェントリーにだいぶ余裕を持っておかないと、ルート持ちきれず悲しいことになる。これはまぢ。

Screenshot20100124230924141
 また幻視です。今度は篭城してるウォーデン側。中心にいるのがどうやらソフィア。奥にいるのがアヴァーナス(Avernus)というメイジらしい。ソフィアは、我ら多勢に無勢、兵糧もつき、心も打ちひしがれているが、ダークスポーンも恐れるウォーデンの誇りで戦い抜こうとアジっている。あのデブ(王のこと)に思い知らせよう、聖なるこの地で、誇り高く強き者たちは決して屈しない、暴君に跪くくらいなら死を選ぶと。

Screenshot20100124231020454
「餓死寸前なのにあんな勇敢に。曾曾祖母は仲間と一緒に戦ったんだね!」
曾曾祖母からみると玄孫(やしゃご)?であってるか?のレヴィがちょっと誇らしげです。
(追加:どうも曾曾祖母というのはなくて高曾祖母というのだそうだ。勉強なった!役立たないけど)

 アーランド王についてレヴィはあまり多くを知らない。その暴君の死後、デネリム宮殿が街ごと焼け落ちるという大変な内乱が発生し、10年近く続いた。そのため多くの記録が消失したという。

Screenshot20100124231105253
 入り口ホールの壁には、叛乱を決意した署名入りのステイトメント(日本で言ったら血判状?、Statement of Defiance)が掲げてある。20名近くのウォーデンの名前が書いてあるようだ。
 おそらく、なにか楽屋落ちがあると思われるのですが不明です。

« ウォーデンズ・キープ(その2) | トップページ | ウォーデンズ・キープ(その4) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/33118117

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーデンズ・キープ(その3):

« ウォーデンズ・キープ(その2) | トップページ | ウォーデンズ・キープ(その4) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31