フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 遺灰探索編(ガントレット・ガーディアン) | トップページ | 遺灰探索編(ガントレット・トライアル) »

2009年12月 2日 (水)

遺灰探索編(ガントレット・ガーディアン2)

  「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」("Indiana Jones and the Last Crusade"(1989))に似てるも何も、これはアーサー王の円卓の騎士、パーシヴァル伝説、聖杯(ホーリー・グレイル)探索の話ですから。両方とも大元はそこですから(実はさらに大元になる物語があるようです)。
 私は「ダ・ビンチ・コード」("The Da Vinci Code"(2006) )は、きちんとまじめに観ていないのでよく覚えていないが、そちらのほうが最近は有名なんでしょうかね。
 そうだ、モンティ・パイソンにも「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」("Monty Pithon and the Holy Grail"(1975))というのがあったねw。
 調べると、ここらへんが著名らしい。本場英国ではなく、フランス、ドイツで受けたものが残っているんですね・・・。
  "Perceval, the Story of the Grail" クレティアン・ド・トロワの物語詩
  "Parzival" ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハの英雄譚叙事詩(武勲詩)
  "Parsifal" ワーグナーのオペラ

 聖杯は、ご存知の通り、ジーザスの最後の晩餐で用いられた、または十字架のジーザスの血を受けたとされる聖遺物のひとつ。円卓の騎士パーシヴァル卿が見つけたというのも数ある説の一つだそうで、たくさんの物語があるみたいですが、だいたい共通するのは 見つけたのは三人の騎士である点。インディ・ジョーンズでは三兄弟の騎士になってましたっけ。

 アンドラステは造物主の預言者であり、多くの賛同者を集めたが、帝国為政者の企みによって刑死する、など、ジーザスのコノテーションが、これまでのストーリーでもこれでもかというくらい出てきており、ここでさらに聖杯伝説。
 ここまでくると「復活」もありそうだな、と信じたくなるのだが、コルグリムらが説いているのはアンドラステのリザレクションでなく、ドラゴンへの転生。やはり胡散臭いです。

 さて、あと2人分のデータがあります。
 まず、前回書いたガーディアンの主人公への問いかけとその答えに対するおふたりのコメント。(これは主人公の回答によって当然変化する部分もあると思います)

Screenshot20091201230320081
「君は自分に厳しすぎるよ! 誰だって完璧じゃないんだから」
 (アリスター直球勝負。普通ですね)

Screenshot20091201230321910_2
「人様の罪の意識を、まるで大食漢がランチを食べるみたいにむさぼり尽くさない宗教なんてあるのかしら? 聞いたことないわね」
 (さすがモリガンさん。皮肉がだいぶ気合はいっています)

Screenshot20091201230328502
 おや、レリアナのもあったので追加。 
「これから何がおきるかわかるわけないじゃない。自分で選んだ道がベストなのよ」
 (自分に言い聞かせているようでもありますね)

 

 では、アリスター、モリガンの問答(レリアナは前回に書きました)。

Screenshot20091201230357688
「アリスター、テンプラーの騎士にしてグレイウォーデン。あの戦場にてダンカンの傍らにいたらどうなっていたか、考えたことはないか。最期の一撃から彼を救えたのではないか。ダンカンではなく、自分こそそこで死ぬべきだったと、考えたことはないか?」
「そう・・・。自分ではなく、ダンカンを救えたなら、ずっと良かったに違いないと思う。もしチャンスがあったなら、たぶん自分は・・・」
 (だいぶ、引きずってるなぁ・・・。父親のイメージをまんま投射してたんだろうなぁ)

Screenshot20091201230509406
「そしてモリガン、フレメスの娘。もし・・・」
「消えな、スピリット。お遊びに付き合うつもりはないよっ」
(きたきたっw。言ってやれ言ってやれ!)

Screenshot20091201230512280
「・・・そなたの願い、敬服に値するぞ」
(ええぇっ?!)

 アリスターは直球でいいんだが、モリガンさん・・・。しかもガーディアンは、祝福のような言葉をかけた。なんなんだ?

 このガーディアンの問答は、それぞれのNPCのパーソナル・クエストのヒントだったり、メインストーリーに絡む重大な悩みだったりするわけなんですが、モリガンさんは最重要人物だって、言ってる様なものだろう、これ。「願い」(wishes)ってなんだよ? 何で彼女だけ隠すんだよ?
  それは最後まで教えない、ということでしょうね。私も、無粋にもここで書くようなことはしない。

 なお私事で恐縮ですが、都合によりゼブランがパーティーにおりませんでした。それとDLCで仲間にできるゴーレムさんも、この時点でまだ仲間ではありませんでした。いつになるかわかりませんが、あとで追加しようかなあと思います。最後のNPCはストーリー上、この場面に来るのは無理なんだろうな。
 犬?
 犬ねw。そうか、犬だとどうなるんだ?!
 これは試さないと!
(そうやって、他の主人公のゲームが全然進まないんだよね)

(追記:下の記事で残りの面子も試してます)

http://vanitie.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-70bc.html

« 遺灰探索編(ガントレット・ガーディアン) | トップページ | 遺灰探索編(ガントレット・トライアル) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

こんなページがあったとは! つい先日開始してwiki等も特に見ないでウロウロ楽しんでいますが、やはり英語なので詳細どころか内容が分からない部分も多く、本Blogを見たときには目から鱗でした。コメントが少ないのはなぜ? ME2なんかもされているようで趣味が似ているのも面白いですね。

 ありがとうございます。片隅でひっそりやってますのでw。
 でもここはネタバレも結構きついのでざっとプレイされてからお読みになったほうが言いかと思います。
 コメントが少ないのは、みんな私が嫌いだからでしょうw。冗談です。いやこんなものですよ。以前も似たようなBlogやってましたけど特に期待してません。一定のお客様には長くお読みいただいてるようなのでこちらも続けられます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32454865

この記事へのトラックバック一覧です: 遺灰探索編(ガントレット・ガーディアン2):

« 遺灰探索編(ガントレット・ガーディアン) | トップページ | 遺灰探索編(ガントレット・トライアル) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31