フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« エルフの遺跡(上層) | トップページ | エルフの遺跡(下層) »

2009年12月 5日 (土)

エルフの遺跡(上層2)

   ドラゴンとは私のパーティーは初対決。もちろんゲームを通じても数回もありません(ドレイク、ドラゴンリングは除く)。

Screenshot20091205213541977
 偶然にもきれいに撮れていた、ドラゴンの羽ばたきで見事に吹き飛ばされる前列、接近戦メンバーの皆さん。体力的にか弱いモリガンは事なきを得た。メイジは距離をとるのが基本です(自画自賛)。

Screenshot20091205213639324
 とかいって、スペル撃とうとして接近して他の面子と一緒に一斉スタンをくらったモリガンさん。このゲームでは行動不能にされると、直後にあわせ技が来て致命的になることが多いので、こういうのは実は大失策・・・。

Screenshot20091205213709059
 「アリスター、とどめ、キリングブローだあっ!」とか目視できるときは、大抵主人公のロンソ(ロングソード)のほうが先に当たります。グレソ(グレートソード)のスイングは、本当に時間がかかる。

 後からドラゴン・レアを探すと、ヒューマンの騎士やドワーフの死体がそこここに転がっている。著名なナヴァラのドラゴンハンターが返り討ちにあったか、それともドラゴンが鷲づかみにして連れてきた迂闊な冒険者か。

Screenshot20091205221919808
 ドラゴンの宝庫、ドラゴン・ホード。光り物を集めるのはどのRPGでもドラゴンの習性なのか。

Screenshot20091205221949249
 いつもしょぼくれているOriginsのルートにしては、これはものすごい大盤振る舞い。でも、よくみるとレアと呼べるのはエルフの弓くらいでしょうか。
 "Falon'Din's Reach"、ファロンドンの掌中? ファロンドンとはエルフの伝説によれば死者の友、死と夢の世界(the Beyond)へのガイドだそうで、なかなかすごみのある名前です。

 でもNPC含めメンツにレンジドを極めている者はひとりもいないので、宝の持ち腐れ。

Screenshot20091205223617804
 と、なんか知ったかぶり書いているが、たった今、ようやくこれを読んで知ったのです。初回プレイで、こういうもの読む暇など、心の余裕など決してなかったですよ。

Screenshot20091205223845246
 この言い回し "Gather your party and venture forth ?"は、Biowareの古いRPGをやってた人にはニヤリとさせるものですね。昔げーは、パーティ全員が集まらないと別のエリアに移動できなかったのですが、経路判定がしょぼいNPCがなかなか集まらず、"You must gather your party, before venturing forth."という警告が暗記できるくらい死ぬほど出たのですw。

 では、こちらもメンバー集めて、次のエリアに移動。

« エルフの遺跡(上層) | トップページ | エルフの遺跡(下層) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32502656

この記事へのトラックバック一覧です: エルフの遺跡(上層2):

« エルフの遺跡(上層) | トップページ | エルフの遺跡(下層) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31