フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« そろそろエンディング | トップページ | 誤訳がどうした。 »

2009年12月31日 (木)

ホリデイシースン?

 ホリデイシーズンってのは、少なくとも北米ではサンクスギヴィングからクリスマスまでの休暇を言うんだと思っていたが、Biowareは正月まで含めるようですな。

 OriginsのDLC、"Return to Ostagar"のリリースが1月5日(現地時間)になったそうな。
 それはもう日本では年末年始ですらないんだが。

 http://dragonage.bioware.com/

 正直に「いやあ、ごめんごめん、QA手間取って遅れちゃいましたw」とか言わないところがこの業界のあきれるところ、怖いところ。 

 当初、5年間はみっちり遊ぶつもりだったOriginsも、どうもそこまでのインパクトは今のところないようで。ま、この時期ライバルが多すぎるってのもありますが。
 おそらくプレイ1,2時間程度のDLCでもこの調子だと、続編かエキスパンションが出るのかどうかもどうも怪しくなってきた。
 Webゲームの"Dragon Age: Journeys" も最後までやってみたが、やはり「続編に続く!」というフック(日本語で言うとまさに釣りばりでしょう)があって、おしまい。

 Tシャツでもベースボールキャップでも何でも思う存分売っていただいて結構ですがよ、EAさんよ、本業はエンターテイメント・コンピュータ・ソフトウェアってことは忘れてもらっちゃ困るがな?
 お前ら見てると、"Dragon Age"のフランチャイズをこれから先も大きく、暖かくはぐくもうとしてるとかまったく思えず、売り込まれた連中のハイプ(熱狂)が続いているうちに、一刻も早く1ドルでも多くいたいけなユーザから巻き上げてさっさと終わりにしようみたいに見えんだよな、いつもいつも。
まー、Originsがオンライン・マルチプレイ仕様でなくてよかったよ。だいたい、ユーザが減り始めたゲームのコーポレイト提供サーバの電源を知らないうちに落としてまわるのがあんたらのやり口だ。それで提供側がそのゲームにもうリソース投入しないということがハッキリわかるから、もう誰も遊ばなくなるんだよな。

 Originsのような60時間超の作品までいかなくても、例えば30時間のドラマを、たとえエンジン部分は全部流用でも、数ヶ月でローンチというのは無理でしょうね。時間はどうしてもかかる。
 ただBioware時代のアットホームなコミュニティと違って、Originsのフォーラムなど、ずいぶんと雑でおざなりなサポートしかしないなあと感じることが多い。
 つかWebサイトがまがりなりにもまともに動いていないような気がする。
 君らがあんましもうからないのは世界経済のせいばかりでもないと思うぞ。

**********   

 "Call of Duty: Modern Warfare 2"は日本からの認証が通らないようなので、自分はもうPC版はあきらめた。日本語版(PS3かな)で我慢することにした。別にやりこむ気もなかったし、動くならなんでもいいかと。
 認証問題も過去から洋ゲームを好きな人は悩まされてきた、泣かされてきたと思うのですが、最近の例では"Risen"。
 なんであのゲームに限って日ごろ大して信用していないSteamを信じてしまったのか。イスラエルだかスウェーデンかどこか知らん認証会社のシステムで、何がどうなったかここで説明するのもうっとうしいが、もう自分は二度と遊べないw。
 Steamで"Risen"は買うな、というか、"Risen"は買うな。んーそれが言い過ぎなら、1980円くらいになるまで待って、パッケージで買え。
 「買うな」もあんまり言いすぎじゃないけどね。暇つぶしにしても"Torchlight"が安いからそっちがいいし(それもあまり面白いゲームではなかったですよ)。

 DLCおよび認証の話で言えば、ついに"Fallout 3"の最後のDLCだけがパッケージで入手できず、無駄にGOTYエディッションを買わされることになりそうな点も結構がっかり。まあ、それもいまさらやる必要あるのかという説もあるんだけど、なんかくやしいw。

 DLCって、これはいったい何かというと、EAとかあそこらのメガパブリッシャーのマーケティングやってるMBA連中には常識なんだろうけど「コンシューマ・サープラスを最大限獲得する」手段なんでしょうね。古くはマルチメディア戦略とかもそれにあたると思う。

 ネットで検索したら世の中でウソを教えてるところがあるんで、ここに書いておこう。結構大事なことだと思うんで。

 あるタイトルには一銭も払う気がない人もいれば、50ドルしか払う気がない人もいる。100ドル払う気がある人も、200ドルまでいける人もいる。
 でも、コンピュータソフトウェアは一物一価が結構守られるから、例えば"Dragon Age: Origins"に100ドル払う気満々の私でもみんなと同じ50ドルで入手できてしまう。100ドルとの差、50ドル分払わずに済みます。これが私のコンシューマ・サープラス(Consumer Surplus)です。

 逆に売り手(作り手)が50ドルで売っていいやと思ったら100ドルで売れちゃった。これはプロデューサ・サープラス(Producer Surplus)。両方あわせてエコノミック・サープラス(Economic Surplus)。ちょ、ラブプラスとは関係ないっ!

 過去、特に対面販売の通用する商品なんかは「値切り」「出し惜しみ」などで、これをうまいこと調整できたわけです。金持ちけんかせず、WASP(ホワイト・アングロサクソン・プロテスタント)や山の手の奥様は値切らず買う。北京や東京下町じゃあ貧乏人(失礼)が命賭けて値切りあうとか。
 金持ちが多く払う、貧乏人は安くて済む、一概にはそういう話ではなく、そこにはこんどはオポチュニティ・コストってのが入ってくるんだが、ややこしいのでやめよう。 

 コレクターズエディッションってのが、入り口でまずこれを搾取する。100ドルで売れば私は買っちゃうわけだから、EA/Biowareは私のコンシューマ・サープラスを一気に獲得できてしまう。でも100ドルだと51ドルから99ドルまでの層を逃しちゃうので、もう少し低く設定しますね。75ドルとかにしようか。

 まだ25ドルある私のサープラスを作り手がどうやって獲得するか。Tシャツとかベースボールキャップで済むかもしれないが、やはり一番固い線は大元の商品の「オプション部品」を売りつけるのが早くないかい? 自動車ディーラがアルミホイールを売りつけたように。
 そこでDLCを5ドルとかで売る。いくつも売る。
 コレクターズを買わなかった層も、50ドルから5ドル刻みで自分の払うつもりの上限までつかまっちゃう。コレクターズを買った私は100ドル上限まで残り25ドル分買わされちゃう。

 数字が生なましいし、なんか調子のいい話だから「ほんとか」と思うだろうが、あなたネットゲーやってると思いなさいよ。自分が課金でどこまで許容できるか、おそろしくわかりやすく個人差あるでしょ? しかもそれはかなり厳密に守られてるはずだよ?
 私は課金ゲーの場合「もうこれはやばい」という線が非常に低いこともあり、定額ゲーを好む。この場合は自分は得したと思ってるが、運営会社からしてみれば、ほんとはずっと安く提供できるのに定額払ってくれてごめんねごめんね、ということかもしれない。
 
 いいたいことはね、ゲームビジネスにまで、そうやってMBAの発想持ち込むから、どんどん生臭くなって夢がなくなっていくんだよな、という愚痴だわ。
 1年おきにエキスパンション、あと3つ出すつもりですわ、ただしこれ売れたらね、でよかったんだよ。そんなDLC細切れ小出しにされて愛着わきますかってんだ。
 

 GameSpotのゲームオヴザイヤーにも"Dubious Honors"「胡散臭いで賞」「裏大賞」みたいなのがあって、Originsもノミネートされてましたよ。「ゲーム内での宣伝広告がどぎつすぎるで賞」("Most Despicable Use of In-Game Advertising")

http://www.gamespot.com/best-of/dubious-honors/index.html?page=2

 そんなシーンあったっけ?!と驚いてみたら、買ってもいないDLCのガイド役のNPCが、キャンプでずっと立ったまま買ってくれるのを待ってるんだとw。しかもそいつはDLC買わない限り最後まで消せないw。
 自分はそのDLCを最初から買ってしまったからわからなかったが、DLCを買っていないノーマルエディションのほうで試してみたら、確かにおんねんw。これはひどいw。

 え、おまえいったいOriginsいくつ買ったんだって?
 んーパッケージ3つかな。待ちきれなかったんで色々なところに手配しちゃったからw。
 だから言ってるじゃないですか、世の中にはお気に入りにはいくらでも払う気満々の人はいるんですよ。

**********

 ああ、認証問題に腹を立てるのを忘れてたw。

 でも、そろそろ年末年始の行事にかり出されるので、このへんで。
 皆様よいお年を。

 

« そろそろエンディング | トップページ | 誤訳がどうした。 »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32802335

この記事へのトラックバック一覧です: ホリデイシースン?:

« そろそろエンディング | トップページ | 誤訳がどうした。 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31