フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« その後(Aftermath) | トップページ | 二番じゃだめなんだよ! »

2009年12月24日 (木)

ダーク・プロミス(エンディング)

 前回のところで、主人公がアリスターと結婚し「女王」となったとあるべきところ、原文では"princess-consort"、君主である王の妻、「国王夫人」となったとなってます。文脈で「皇太子妃」を指す場合もあるそうだ。
 "queen-consort"という場合もあり、こちらも「国王夫人」。"queen"との違いは、「実質的な権力を有していない配偶者」という意味だそうで、主人公ウォーデンは、プレイヤーである私の意図とは違って「ただの王様の妻」になってしまったw。
 過去の"queen"もほとんどが"queen-consort"とみなすべきだそうです。

Screenshot20091123002310183
証拠写真。

 「リボンの騎士」の母君もそうだろうなあ(古いなあ)。チェスのクイーンはどうなんだろ?w 
 でも、卑弥呼なんかは実権があったとすると違うなあ。エジプトのファラオも性別不問だよねえ。

 実際に王位を継承した女王は"queen regnant"。こちらはやはり歴史上も非常に少ない。現役では大英帝国のエリザベス2世、オランダ、デンマーク、この三名だけだそうです。

 「国王夫人」じゃなんかインパクトが弱いけど、上の事情があるので「女王」と書くのも気が引けた。「王妃」で誤魔化しましたw。「王妃」とは王の第一夫人。アリスターが隠れて結婚してることはないからあってるあってるw。(ただし日本の皇族の場合は、ここら辺の意味がぜんぜん違います。ご注意。ご興味があればご自分で)

 **********

Screenshot20091123002934583
 最後の言葉どおり、モリガンはアーチデーモンが打倒されたときに姿を消した。何ヶ月か後になって、彼女と容姿が酷似する女性が、フロストバック山脈から西へ向かって旅をしているのを見かけたとの噂が伝わった。しかもその女性はひとりのこどもを伴っていたとも言われている・・・。

Screenshot20091123003003713
 ウォーデンのコンパニオンたちは、それぞれの道を歩むこととなった。アリスターは愛する人とともに一時期デネリムに残り、アノーラ女王の不機嫌をますます増大させた。やがて彼はグレイ・ウォーデンの本拠地である僻地ワイズハプト要塞に呼び出され、妻にすぐに戻ると告げて旅立った。

 汚染された土地が徐々に回復するとともに、グレイ・ウォーデンはアマランティンで徐々に再建を図っていた。彼らは、ダークスポーンとの戦いがまだ終わっていないことを確認した。アーチデーモンの死によってその大群は退却し、分断されたが、より強力なダークスポーンが生き残って遊撃部隊を編成すると、地上の民を餌食にし、またやつら同志で共食いを続けていた。

 遊撃部隊の被害が拡大し、一部はディープロードを通って西のオーレイにまで侵入し、またシャイニング・シーを渡った。その徹底的な殲滅は極めて困難であると思われた。

 もちろん、それらはまだこれから先の話。この話は主人公がその剣をアーチデーモンの頭蓋に突き刺し、永久に葬り去ったところで終わる。
 フェラルデンが彼女の名を耳にするのは、だが、これが最後ではない・・・。

エンディング・アチーヴメント:闇の約束。

**********

 とりあえず、おしまいw。
 おー、やっと好きなことができるぞーw。

 いあ、どうよ、最後のこの引っ張り方?
 どう考えても続編たくさん出そうじゃないかしら?

 ただ主人公も続編にまた登場するとなると・・・。
 アリスターやばいな。命がw。
 アリスターが死んじゃったエンディングと矛盾するもんなw。  

 主人公が再登場ということは、モリガンともう一度絡むことになるわけだね。
 あるいはモリガンの娘?(ここはお子様はゼッタイ女性でしょー!魔女だから)

 でも主人公が死んでしまったエンディングだとどうなるんかな?
 フェイドから復活か?

 まあ、続編なんて、いつになるかわからんので、期待しないで待っています。

 遅れましたが、メリークリスマス、ハッピーホリデー!
 クリスマスまでに終わったぞー。
 今まで読んでいただいてありがとうございました。が、記事200個ってw。

 次からは気が向いたときに好き勝手なこと書きますので、ご容赦w。

« その後(Aftermath) | トップページ | 二番じゃだめなんだよ! »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32721496

この記事へのトラックバック一覧です: ダーク・プロミス(エンディング):

« その後(Aftermath) | トップページ | 二番じゃだめなんだよ! »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31