フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« ジョイニング・・・。 | トップページ | ジョイニング・・・。(承前の承前) »

2009年11月17日 (火)

ジョイニング・・・。(承前)

 候補者3人前のダークスポーンの血を見つけろ、は比較的容易に見つかる。ダークスポーンを片っ端から倒せばよい。ただし弓兵には注意。このゲーム、敵の弓がマジ痛い。強い。(この話、またまた長くなったので、文末に)

 トリティ(条約書)なんて、なぜ必要なのか。実はこれがOriginsストーリー全体の中核となるアイテムなんですね。ヒューマン、エルフ、ドワーフ、そしてメジャイが、グレイウォーデンの呼びかけに答え、ブライトに対抗するための軍勢を集結させる、軍事同盟としての条約。
 はい、どこかで聴いたことありますよね。指輪物語ですかね。
 なぜ都合よくそこらに転がっているか、はゲーム内でそれなりの説明がなされる。
 ところが、その条約書が、あるべきはずの場所にない。なんで?

 お待たせしました。ようやくモリガンさんご登場です。

Screenshot20091107120116918_2009110
なにかお探しぃ?(あ、あなたなのね、持ち出したのは?!)

Screenshot2009110712012568720200911
おたくら死肉漁りかしら?(まあこの血だらけの顔だといい訳できないかも)

Screenshot20091107120146661_2009110
死体漁り?それとも侵略者かしら?(どっちもあんま、変わらんですね)

Screenshot2009110712023453320200911
いうに事欠いて誰が「荒野の魔女」ですって?
(おいっ、どっち転んでも最悪な事態を招くような質問するなよ!)

Screenshot20091107120244043_2009110
ちょっと、そこの彼女。馬鹿男どもと違ってビビリ散らしてないようだから、貴方が名乗りなさいな。(お、性別を認識した会話なんでしょうか、これ?)

Screenshot20091107120353020_2009110
それなら母が持ってるわ。お望みなら案内するわよ。(なんか・・・ここ、急に普通やね。ストーリーはしょってる感じね)

Screenshot2009110712053131920200911
母です・・・。あとは省略。

 すみません、無駄にモリガン・ショットだけ並べただけです・・・。
 結局このおかん、どうやら荒野の魔女その人なのですが、条約書は彼女が後生大事に抱えていたそうで、あっさり渡してくださいました。どうもこの御方、ダークスポーンとブライトに対して相当な危機感を抱いているようです・・・。って、実は、本心はどうも違うようなんだけどね。

 (また容量オーバーのようなので、続く・・・。)

*********

多少タクティクスの話。

 D&DのCPRGなどで、やることのないウィザードは(エルフなら)弓、そうでなければクロスボウかスリングで、ぴしぴしと一桁のダメージを与えるような、そんな暇つぶし的扱いだったので、Originsもそれと同じだと勘違いしてはいけない。
 初期は弓封じ、中盤以降は魔術師封じが戦術の肝になるでしょう。ただ、残念なことにこれらには必勝法が存在する。敵の射程に入らない、時間をかけてカイティングするのが一番の近道となってしまうのです。
 進行上、主にボス戦などの直前にあるカットシーン(ムービー)。それがあけた瞬間にバトル開始の場合、初期配置を練ることもできないので、かなりあせりますが、通常の戦闘は、隘路にアンブッシュ地帯を用意してのカイティングがかなり使えてしまいます。
 こちらにMageがいればMMOでクラウドコントロール(CC)と呼ばれるような魔法手段も使えるとはいえ、今度はMageに対するヘイト(敵側のホスタリティ)が高くなり、うまく隠れてないと、生き残った敵の魔術師や弓兵の餌食になりかねない。最悪なのは、雑魚つぶしで仕掛けたCCに、メインボスだけが反応して、バトル中、ずーーーっと、こちらのMageを追撃するケース。いあ、ほんとに強いボスだと、これが逆に被害最小で戦える有効策だったりするんですが、エピックバトルで、Mage逃げ回るだけとか、ぜんぜん見ごたえないよねw。

 なお、パーティの各キャラには、FF12などで使われた(ギャンビットでしたっけ)、簡易プログラミング的AIが用意されている。ゲーム内ではそのまま戦術、「タクティクス」と呼ばれる。私の主人公はMMOでいうタンク、盾とロングソードで、周囲のヘイトを集めまくり、ダメージディラー役の味方を敵からフリーにする役回りなんですが、これは手数(タレントと呼ばれる技、フィート)もそんなに多くなく、慣れるとある程度タクティクスでプログラミング可能です。完璧ではないが手が離せるくらいにはなる。
 問題なのはMage。なかなか良いタクティクスが浮かばないせいもあり、また手数の多さに対して用意されてるプログラム数が制限されているせいもあり、私の場合は、自分で動かしたほうが早い、となっている。よってほっといても勝てる戦闘はともかく、だいたい7,8割方、Mageを自分で動かしてる感じ。

 まったくタクティクスを設定しなくても、最低限の動きはしてくれるみたいなんですが、敵集団の真ん中にFireballを撃て、ただし味方が2人以上いる場合は除く、まで細かく設定できないよね・・・。

 もちろん、先制攻撃のFireballで、敵全員が文字通り一斉に吹き飛ぶのが楽しい、乱戦中にCone of Cold(D&Dと同名ですが、こちらは本当に凍る。コーンのような円錐形、2Dですと細長い二等辺三角形の範囲を凍りつかせる魔術)のチャンスを見出して、見事に敵だけ凍らせる快感!とか、一面のグリースに火をつけて火炎地獄を作り出すとか、やっぱMageを動かすのが一番楽しいんですけどね。

 某DLCの敵ボスMageは、出会った瞬間に、逃げ場のない狭い室内で、敵味方関係なくFireballをぶっ放してくる。何発も。自分さえも吹き飛ばされてるのに。往生しました・・・
 敵MageにもまともなAI搭載してくれ(って、Evil Mageだけに、味方は自分自身しかいない、手下はただの捨て駒だからそれでいいのか・・・)

« ジョイニング・・・。 | トップページ | ジョイニング・・・。(承前の承前) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32248651

この記事へのトラックバック一覧です: ジョイニング・・・。(承前):

« ジョイニング・・・。 | トップページ | ジョイニング・・・。(承前の承前) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31