フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 四つ目のオリジンその2 | トップページ | 四つ目のオリジンその4 »

2009年11月18日 (水)

四つ目のオリジンその3

 くだんの鏡。鏡のようで、映っているのは別の世界の様子。 
 さっきまでびびり倒して、もう帰ろうと言っていたはずのTamlen、とたんに興味を示し始める。 

Screenshot20091118201424597_2
 ほら、何か見えるだろ。地下都市? 
 (自分たちの血だらけの顔は映っていないようなので、そもそも鏡ではないようだ)

Screenshot20091118201428416
 そして・・・、なにか真っ黒な、真っ黒な・・・。

Screenshot20091118202052856
 こっちを見た!目をそらせない、助けて、たすけてくれーーーっ!
 
どーんっ!
 (これ、この一瞬を撮るために長いカットシーン3回やり直したよ・・・。しんどい)

 ふいに襲ったなんらかのパワーで、主人公は弾き飛ばされる。気を喪う直前のTamlenの姿は、まるでこの鏡のようなものに吸い込まれていくかのようであった・・・。

 暗転。

Screenshot20091118201455601
 (ダンカン、今回は変わった登場方法である。)
 私の声が聴こえるか? 気の毒なことをした・・・。

 再び暗転。

Screenshot20091118201514104
 気がついたんだね!二日も起きないから、みんな心配していたんだよ!(Fenarel)
 あのシェムが君をここまで運んできたんだよ。変なことされなかった?
 その、気を喪ってる間にいろいろ、お尻とか(もちろんそんなこと言ってません)。
 あと、Keeperが呼んでいたよ。Tamlenはどうなっちゃったの? どこに行ったの?

 デーリッシュ・エルフ男性は、みなこうもおしゃべりなのか。ともかくKeeperがお呼びだとのことなので、駆けつける。

Screenshot20091118201627160
 おお、気がつきおった。みなどえりゃあ心配しとったがね。ダンカンに感謝せんとかんがね。あとわしの魔法の薬効のおかげだぎゃ、それはあえて触れんとくわ。
 

 ダンカンから、南の地よりダークスポーンが接近中であるとの情報を得たKeeperは、即座に部族に対して北への移動を命じます。Tamlenの身が心配なのはやまやまだが、部族全体を危険にさらすわけにはいかない。
 Keeperは、主人公に対し、Keeper助手であるMerrillとともに、ごく短時間だけの条件で、あの洞窟の調査を命じます。

Screenshot20091118202520633
 ん、Feneral坊も一緒行くとかきいとりゃせんが。Keeper様の許可受けたかね?

 まじめに許可もらいにいったら、許してくれた。ところで、ここで許可を受けたとうそつくもよし(ローグならまだしも、ウォーリアーだとまず通らないだろうけどw)、Feneralを説得してあきらめさせるもよし。ただ、単純に戦力として連れてくのがベターだと思う。話しかけさえしなければ、黙ってるしね。

 (以前にも書いたように、ここで坊やを連れてくと、未熟者が落命して、わや、とかはない。そこまで複雑なシナリオではない)

  つづく。

« 四つ目のオリジンその2 | トップページ | 四つ目のオリジンその4 »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32266362

この記事へのトラックバック一覧です: 四つ目のオリジンその3:

« 四つ目のオリジンその2 | トップページ | 四つ目のオリジンその4 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31