フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« ハロウィング・チェンバーの戦い | トップページ | フェイド(メイジ編) »

2009年11月27日 (金)

レッドクリフ城(ふたたび)

 結界からようやく解放されたテンプラー、クーレンは、まだしつこくメイジを皆殺しすべきと言い張る。騎士隊長グレゴーは聞く耳もたず。
 主人公らに感謝したグレゴーは去り際アーヴィングに「生きてて本当によかったよ」
 アーヴィングは「ああ、またすぐにお互いの喉元を食い破ろうとやりあうだろうがな」
 男同士の友情ですかw。

Screenshot20091127193840561
 お前じゃなく、俺が騎士隊長だ。グレゴーがクーレンをたしなめる。いずれクーレンが実権を握るのだが、それはずっと先の話。

 ところで、こちらの展開でもらえるアチーブメントは、"Magic Sympathizer"、「魔法の理解者」。期せずして排他のアチーブメントをふたつ取れてしまいました。

 アーヴィングが生存した場合の進行では、レッドクリフ城にメイジのチームが駆けつけ、Lyrium鉱石の力をつかって、メイジひとりを一回だけフェイドに送り込める運びとなった。
 回りくどいが誰も死なない円満な解決策は、やはりこれだったんでしょうか。
 そしてなんと、(主人公メイジ)、モリガン、ウィンだけでなく、ジョワンを送り込むこともできるのでした! アーヴィングは丁重に辞退されてしまったが、説得に成功したら選べるのかしら? 

Screenshot20091127212115497
 よくよく見たら、モリガン、ウィンのみならず、ジョワン、アーヴィングまでメイジなので有資格者。主人公がメイジだと5人。もし「すべての潜在コンパニオンを仲間にする」条件にジョワン、アーヴィングまで入ってるとすると。道は長いなあ。めんどーいw。

Screenshot20091127214936629
 
本当にジョワンではいれちゃったよ。私の場合、レベル11ブラッドメイジでした。

**********

 こちらの展開を進めるのは、別の主人公編の楽しみに取っておいて、今は本来の私のストーリーに戻りましょう。ずっと悲惨なコントラバーシャルな解決策。

 サークルの援助を受けられず、レッドクリフ城に手ぶらで戻ってきた一行。もはや手段はふたつにひとつ。イゾルデはブラッドメイジの儀式の生贄に名乗り出る。息子のため命を捨てる覚悟だ。もう、それしかない。
 フェイドに送り込むメイジにはモリガンを選んだ。ウィンさんは高齢のためお休み(別にゲーム的にはどちらでもいいはず)。 

Screenshot20091127220758558
 ブラッドメイジ・ジョワンの儀式には、大量の血が必要。息子のため母は命を捨てる。

Screenshot20091127220812210
 宙に浮き、のけぞるイゾルデ。

Screenshot20091127220816994
 イゾルデの血を大量に浴びるモリガン。

Screenshot20091111225447196
 儀式終了。イゾルデは帰らぬ人に。合掌。 モリガンの精神はフェイドに侵入。

 上のアーヴィング・ヴァージョンと比較して、なんという暗さ。やりきれなさ・・・。
 さすがに、(イゾルデが義理の叔母にあたる)アリスターに目撃させるわけにはいかないので、ここでは現場からはずしていたのです。

 モリガンは、フェイドで目を覚ますことになる・・・。

« ハロウィング・チェンバーの戦い | トップページ | フェイド(メイジ編) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32391263

この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ城(ふたたび):

« ハロウィング・チェンバーの戦い | トップページ | フェイド(メイジ編) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31