フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« フェイド(脱出) | トップページ | ハロウィング・チェンバーの戦い »

2009年11月27日 (金)

サークルタワー(帰還)

 実は、一回目のプレイで、この後大きなミスをしている(はず)。結果的にレッドクリフ城の問題解決に役立たない形になってしまい、本当に骨折り損となった(タワーのトラブルを解決したこと自体はムダではないんですが)。

 そこで、まず一回目のプレイをありのままに書くことにします。やっぱ最低限大事な会話とかちゃんと読まないとなあ、という反省をこめて。
 できたら別の主人公、メイジ(または男子ヒューマン)で進めている別のプレイでやり直してみる。今詳しく書けませんが一回目に不注意でやらかしたミスを挽回すれば、別の展開があったのではないかと思うから。 

**********

 ニアルさんは、フェイドに長く滞留してしまったので、現実界に戻ることはできないそうです。戻ったとしても現実界の自分の体はもう永く持たない。自分の亡骸からリタニーを拾って、ウルドレッドを倒すのに役立てて欲しい。
 ウルドレッドに対抗しようと、リタニーを携えて単身デーモンの巣窟に乗り込もうとした彼の勇気が惜しいですが、本人を救う手段はないようです。

Screenshot20091127192054881
 スロスの現実界における傀儡、アボミネーションも、ニアルの遺体の隣で朽ちていた。デーモンは本拠地のフェイドで撃破されると、再起不可能なようだ。

 現実界に戻ると、スロスのアボミネーションと出合った場所で、もはや冷たくなったニアルの亡骸から、リタニー・オブ・アンドララを取り上げる。

 ここで私はすでに大きな勘違いをしていた。リタニー、連祷という意味は、チャントを延々と繰り返して詠唱することだそうだ。会話など相当読み飛ばしていたため、「ブラッドメイジとの決戦で最初に一度使えば、もうそれで自分たちは守られるんだ」と思った。

 間違い(のようだ)。これはどうやら自分に対して使うものではなかったらしいんですよ。

Screenshot20091111205943305
 言ってるよね・・・。(ウィン)「リタニーを取るのを忘れないで、ウルドレッドがメイジたちの精神を支配するのを阻止するために、そしてこの戦いに勝つために必要だから」 間違いなく言ってるよね・・・。「メイジたちを支配するのを阻止する」と。返す返すも残念。ちゃんと読んどけばなあ。

 上の間違いは、次のこのシーンで修復可能だったのだ。最上階のハロウィング・チャンバーに向かう手前で出会った、この魔法の結界に囚われのテンプラー、クーレン(Cullen)とのシーン。
 彼は、主人公たちはデーモンの一味と信じ込んでいるので、まずそうではないと説得しないと話ができない。
 なお、クーレンは、メイジのオリジンストーリーで、ハロウィングを通過できなかった候補者をその場で斬り捨てる役で出てくる。自分の場合は主人公が女性エルフだったので、結構ちょっかいを出してきたり、わりと軽いキャラだったはずなんですが。

Screenshot20091111205533270
 「こ、殺すなら殺せーっ!いっそ殺してくれぇー」 ずーっと後に、こいつが騎士隊長グレゴーの後継者になったとわかるのですが、よっぽど人材枯渇してるのかな、テンプラー。

Screenshot20091111205546629
 なぜこいつだけ魔法の結界に閉じ込められていたのか。彼には抵抗力もあったようだが、ウルドレッドが遊び半分で生き地獄を味合わせたらしい。これによって、わりといい加減な軽目のテンプラーだった彼は、完璧なメイジ嫌いとして生まれ変わり、テンプラーの出世の階段を上り詰めたんだってさ。

Screenshot20091127192925706
「メイジは全員アボミネーションにされてしまっているはずだ。誰も絶対に生かして帰すな」結界の中ですごんでも意味なし。ここでこいつに変に同意するような発言は厳禁w。ウィンさんがあっという間にキレます。結果を見たくて試すのは面白いかも。

 これがかなり面倒。延々と泣き言を言うし、情けないし、もうこのまま放置するかくらい思っちゃったのです。そこで、この大事な会話を聞き逃した(読み逃した)。苦しい言い訳ですが、ほんと痛恨のミスw。

 ウルドレッドは、生き残りのメイジをハロウィング・チャンバーに集め、ブラッドメイジやアボミネーションに変身させようとしている。クーレンはテンプラーの義務として、チャンバーで生き残っているメイジ全員、皆殺しにしなければならない、という。

 最後の、「皆殺しにしなければならない」だけ、なぜか理解した。
 やばいやばい。そんなことウィンさんが絶対許すわけが無い。モリガンはこの際どっちでもいいというだろうが。
 こっちは「メイジを救出する」とも「皆殺し」とも、どちらとも決めずに、クーレンをそのままにして、チャンバーを目指すことにした。
 優柔不断なのが間違いではない(むしろこの選択でウィンもクーレンも怒り出さないので正解ともいえる)。

 ミスは「生き残りのメイジを変身させようとしている」の意味を、ちゃんと考えなかったこと。

 結局リタニーを持たずに決戦に臨んだのと同じ状況になってしまったのですよ! 

 ざんげ終了w。   

  Screenshot20091111205927493
 「おや、侵入者ですか。ようこそいらっしゃった。もしや我々の・・・叛乱に参加するおつもりか?」
 うるさいわね、ボケ、このハゲ!(ほんとにハゲなんだけど) どんだけ遠回りさせんのよ!さっさと倒してメインストーリー進めるよっ!

 ついにウルドレッドに対面。

 この後、ウルドレッドとの対決は、しゃれにならないくらいハードなバトル(Normalセッティングで)だったんで、操作に忙しくてちゃんとした画像なんてあまり残ってやしない。
 さきほどの検証もかねて、週末きちんと仕上げますわ。 

   

« フェイド(脱出) | トップページ | ハロウィング・チェンバーの戦い »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フェイド(脱出) | トップページ | ハロウィング・チェンバーの戦い »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31