フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 三つめのオリジンその5 | トップページ | 三つ目のオリジンその7(ようやく了) »

2009年11月18日 (水)

三つ目のオリジンその6

 とっさにダガーを引き抜いた、Jowan, ザ・ブラッド・メイジ。テンプラーに刺しかかるかと思いきや、自分を一刺し?!
 実はブラッドメイジの魔術は、「自分または他者の血」を媒介して発動するもの。彼自身から飛び散った血が、ものすごい勢いで周囲の者をなぎ払う。

Screenshot20091108132900843_2
 Lilyに手を出すなーーーっ!(直訳です)

Screenshot20091108132902992
 Lilyに手を出すなーーーっ!(直訳・・・)

Screenshot20091108132906619
 Lilyに手を出すなーーーっ!(もういいか)
 字幕切り替わる間もない一瞬の出来事で、テンプラー全員見事に吹き飛んでおります。動画でなくてご免。

 Lilyさんは、こやつがブラッドメイジの魔術に手を出しているのは知らなかった。

Screenshot20091108132917517
 ・・・そうさ、ちょっと手慰みで、やってしまったのさ。そのほうがより強いメイジになれると思ったからさ。(メロドラマ進行中)

Screenshot20091108132930919
 信じていたのに・・・。何もかも捧げるつもりだったのに・・・。ブラッドメイジ。・・・お前、どこの誰だ。私に近寄るな。(進行中)

Screenshot20091108132945357
 あいたたたた。いやぁ、おどろいた。君は大丈夫か?
 き、騎士隊長はどこだ?(漫才進行中)

Screenshot20091108132949926
 くそっ、あれだけの力を持っていたとは。我ながら不覚にも見くびったわ。

 Jowanは、この後逃走しますが、主人公はある重要な局面で再会し、彼の運命をも左右することになります。
 Lilyは・・・どうなったんでしょう。やはりメイジズプリスンとやらに送られたのでしょうか。

 実はこのストーリー、意外と好きかもしれませんw。 主人公がずっと狂言回し的役割なのは残念ですが、Chantryとその配下のテンプラー、Circleと魔術師、それぞれの立場、関係、役割が詳しく語られ、錯綜する感じ。オリジン・ストーリーの厚みとしては一番かもしれません。

 でも、主人公は? テンプラーの騎士隊長は、やはり主人公を無罪放免する気はないようである。First Enchanter、言いだしっぺなんとかしてよ。
 といっても、ローグメイジ、しかも、あろうことかブラッド・メイジをわざわざ野に放ってしまった責任は逃れられないのでしょうか。

 

« 三つめのオリジンその5 | トップページ | 三つ目のオリジンその7(ようやく了) »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32261119

この記事へのトラックバック一覧です: 三つ目のオリジンその6:

« 三つめのオリジンその5 | トップページ | 三つ目のオリジンその7(ようやく了) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31