フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 四つ目のオリジン | トップページ | 四つ目のオリジンその3 »

2009年11月18日 (水)

四つ目のオリジンその2

 鍵の開かない扉はうっちゃっといて、奥へ進みますと・・・。

Screenshot20091118200947708
 どー見ても、起き上がってきそうな死体。先のほうにも点々と。
 なんだかもうぞくぞくしてきた。帰りたくなってきたぞ。
(Tamlen) 

Screenshot20091118201001318
 シェムの手によるわれらエルフ族の像のようだ(Tamlen)。
 え、うそ、どこが? こんな不細工な像でなんでそこまでわかるん?

 かつては、シェム(ヒューマン)とエルフが、手を取り合って生活していたということなのか・・・。
 ヒューマンによって奴隷化されてしまった一族、その末裔である現在のエルフ族にとって、この発見はなんとも居心地の悪いものなのでしょう。そして、この洞窟内部の建造物が遥かなる太古の時代のものであることもうかがい知れるわけです。

Screenshot20091118201053041
 そんな感傷にひたっていると、また罠(苦笑)。こんどは多少ひねって酸の嵐です。そして、お約束のように先ほどの死体どもがゾンビとなって襲い掛かる。まあ、ウォーリアーふたりだとどおってことない(罠は別w)。

Screenshot20091118201204886
 おーっ、ようやく歯ごたえありそうなボスか?!
(ぜんぜん、でかいだけで普通でした・・・)

 問題はこの鏡。レイアウトから見ても、あきらかにこの建造物の中心的存在でしょう。いったい何なのか。

Screenshot20091118201332960
 鏡よ鏡、のネタはもう使ったしなあ。
 奇術の舞台? お立ち台? 巨人族の楽屋? もしかして古代のお手洗い?!

Screenshot20091118201349639
 何かが見える気がする。都市? なんだろう、もっと近くで・・・。

つづく。

« 四つ目のオリジン | トップページ | 四つ目のオリジンその3 »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32265848

この記事へのトラックバック一覧です: 四つ目のオリジンその2:

« 四つ目のオリジン | トップページ | 四つ目のオリジンその3 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31