フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 五つ目のオリジンその7(まだ続く) | トップページ | 一休み。Return to Ostagar発表。 »

2009年11月20日 (金)

五つ目のオリジンその8(ようやく了)

  あとはグレイウォーデンが出てきて、予定調和的に、ちゃちゃっと主人公をリクルートして連れ去る、でまとめてもいいんですが、ちょっとだけ。

 闇の組織のボスを始末したという主人公の言葉に、捕り手一同、驚きと畏怖の念を抱きつつ、だが待て、奴には強力な盟友も多かった、血で血を洗う復讐合戦になりはしないかと、急に不安になりはじめる。

Screenshot20091119224322403
 ハーイ、チョト通シテクウダサーイ、Grey Warden(ここだけ正しい発音)ガ、トオリスガーリマシタデスヨ。ハナシキイテクーダサイマシタカー?

Screenshot20091119224316662
 てやんでえ、べらぼうめぃ、こちとら先にやらなきゃ、あん野郎にやられちまったんでぃ! このすっとこどっこい、べらぼうめぃ!(キャラ変わっちゃってるが、Leskeはほんといい相棒だ)

 プルーヴィングで発揮した抜群の戦闘力と、絶対絶命のピンチを切り抜け、悪のボスを葬り去ることができた勇気、その意志の強さは、グレイウォーデンの資質として十分である。うちに来れば、数年以内に必ず一軍先発ローテーション入り間違いなし。
 言葉の違いは心配するな、いい通訳をつけてやる。住まいも家具も日本風がいいなら手配する。日本食も手当する、国際電話も球団もち、オフの帰国はファーストクラスでこれも球団もち。なんならボーイフレンドまであてがっちゃうぞ。

 ダンカンは正式に入団勧誘のオファーをした。

Screenshot20091119224341069
 こやつは、反逆罪の容疑者だぞ、そんなことができるものか!
 Yes,we can.デキマース。ダッテワターシワGrey Wardenデース。

 このまま残れば、プルーヴィングでの咎も免れない、カーストレス=令外の身分なので、どんな熾烈な刑罰が課されることか。刑罰でさすがに命までとられることはないとはいえ、今度はボスの盟友どもが、刑に服している主人公のもとに、次々と殺し屋を放ってくるのは必定。ヒットマン、当たらなければどうということはないが、きっといつかは当たってしまう。

 一方、生まれてこの方、地下世界から出たことのない自分にとって、外国の暮らしを送ること自体不安なだけでなく、グレイウォーデンとして、日夜長距離遠征の日々、大リーグの長距離パワーヒッター相手に厳しい死闘を繰り広げる世界に耐えられるのかどうか。

 心中を察したグレイウォーデンは、お友達とご家族によく相談して決心してください、と猶予を与える。

 Leskeは、ボスの遺産を横取りできなくなるのは残念だが、どうせほとぼりを冷まさなければならないなら、丁度いいのではないかという。一旦グレイウォーデンとなった者が元の生活に復帰できる可能性はきわめて少ないが、まず生き残ってなんぼ。

 ふとみると、なぜか姉のRicaまで来ている。そして、本当に無邪気に喜んでいる。 

Screenshot20091119224559953
 貴方しっかりちゃんときいて、グレイウォーデンなのよ! ダンカン様から貴方をウォーデンにリクルートすると聴いたときは、気絶しそうになったわ! 夢かと思ったわ!
 貴方知らないの?! ウォーデンは、ノーブルと同じ扱いなのよ! 貴方のおかげで私たちはノーブルになれるのよ! ダイアモンド・クォーターに大きな邸宅がいただけるのよ! 家族ひとり一部屋・・・いいえ、きっともっと多くのお部屋のある広いおうちなのよ! 
 貴方がプルーヴィングでやらかしたことを聞いて、本当に殺したくなったけれど、今は違うわ。ああ、ノーブルの生活! 
 いいえだめなの。私たち、あなたとは暮らせない。ウォーデンは家族と別れなければならないのよ。どうして断ろうとするの? 私たちのことは心配要らないのよ。ああ、母さんと私は、今初めて幸せに手が届こうとしてるのよ! 
 私だったらよかったのに。すぐにでもウォーデンに入るのに!

 本当に、これでもだいぶ割愛してるくらい、姉はものすごく雄弁に語ります、ウォーデンに入るしか道はないと力説します。
  投げるの、もとい、戦うのこっちなんだけどね。でももう家族は完璧に懐柔されてしまっていますね。

 うーん。誰もジョイニングの儀式の真の姿を知らないから仕方がないのかもしれないが。
 主人公が必死に、まさに身を挺して守った姉は、もう頭の中はノーブルの生活を送る自分の姿を夢想して一杯です。聴く耳もたないのはどうやら彼女のほうです。

 それでも断る? 断ってもライト・オヴ・コンスプリション発動されたら終わりです。
 いさぎよく、ダンカンのお世話になることにいたしましょう。 

Screenshot20091119224633592
 デワ、ミナサマオツカレサーン、アロガト、Thank you.
 (姐御・・・帰るときまで、ショバはしっかり守っておきますぜ)

 暗黒街もの、任侠ものですかね。最後の姉のくだりがなければ、どーってことのないストーリーでしたが。
 妹の心姉知らず。家族への静かな愛想尽かしとともに、主人公は生まれて初めて空の見える世界に旅立っていくのでした。

 んーやっぱ後味よくないな。ま、そこが逆にうまいシナリオってことかしらね。

« 五つ目のオリジンその7(まだ続く) | トップページ | 一休み。Return to Ostagar発表。 »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32285066

この記事へのトラックバック一覧です: 五つ目のオリジンその8(ようやく了):

« 五つ目のオリジンその7(まだ続く) | トップページ | 一休み。Return to Ostagar発表。 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31