フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« 一度目のクリア(エンディングねたばれ注意) | トップページ | ロザリング、ヒーローズキャンプ »

2009年11月23日 (月)

ロザリング

「それじゃ行くわね、母上。シチューのお鍋を火にかけたままだから気をつけて。帰ってきたら小屋が焼き落ちてたとかいやよ」
「ふん。それよりここら中一帯がブライトに飲み込まれてるほうがよっぽどありそうじゃて」

 そもそもモリガンの母。フレメスはなぜにここまで熱心にグレイウォーデンを援助し、ブライトを食い止めようとしているのか? 世界平和? そんな柄じゃない。自分もまき沿いで死にたくない? どうも妙だよねえ。隠された過去がなにかあるのか、彼女しか知らないたくらみがあるのか?

 ダークファンタジーたるゆえん。このお話の中で、本当にブライトを食い止めようとしてると信用できるのは、プレイヤーのあなたしかいない。ゲームをクリアしたくないってなら話は別だが。
 他の登場人物は、何考えてるかよくわからんと思ってたほうがいいのかもしれない。

 その頃首都Derenimでは、無傷で戦場を立ち去ったローゲインが、夫ケイラン王を亡くした女王、自分の娘でもあるアノーラ(Anora)の摂政として統治することになった。この危機に対し「集結して乗り越えるべし」と力説。
 ケイラン王の死の責任は、グレイウォーデンの裏切りにあったとして、生き残りのウォーデンは見つけ次第処刑するよう勅命を出す。
 しかし王の不審な最期がウォーデンの責任という話を疑問に思う者も少なくない。レッドクリフのティーガン卿(Bann Teagan)もそのひとりだ。
 (ティーガンは、兄であるイーモン卿(Arl Eamon)が奇病で臥しているため、レッドクリフの統治を代行している)

Screenshot20091123114420059
 ケイラン王はなぜ死んだ!
 まさに「坊やだからさ・・・」なんですけどね。女王アノーラ写真が小さいですが、あとからくどいくらい出てきますので、今はご容赦。

Screenshot20091123114446687
 ローゲインの撤退こそが裏切り行為ではないかと非難するティーガン卿。
 ただし彼自身も戦場にいなかったことから、確証は得ていない。

 荒野の北端の農村、ロザリング(Lothering)は、牧歌的な美しい村。とても街などと呼べる代物ではない。
 アリスターとモリガンのふたりの反りの合わなさも見所のひとつ。

Screenshot20091108140842688
 ボケと突っ込みを変わりべんたんできるふたりは、漫才の腕は確かだが、そりの合わなさが尋常ではない。楽屋も別、仕事終わったら別々に帰るとか?

「やっとロザリング到着か。絵画みたいに素敵な風景だな」
「あら、やっとこっちの世界にお戻り? ずっとひとりで悲しみにくれてたみたいだけど?」
「俺の気持ちわからんのか。誰か親しい人を亡くしたことはないのか。例えば母親が死んでしまったと想像したら、どんな気持ちになる?」
「それって、私が大笑いしてる間のこと?それとも笑い終わった後のこと?」
「なるほど・・・、きもいな。気にしないでくれ」

 押し寄せてくるダークスポーンから避難してきた民衆が至るところにキャンプをはっているので、今は普段の何倍も何十倍もの人口であふれ返っている。

Screenshot20091123125139274
 見渡す限り、難民、難民。全員なにかしか語る話があるが、ただの「難民」が重要なプロット上のせりふを話す、というRPGの掟破りのようなことはないので、つぶさに歩き回らなくて良し。

 避難民キャラバンをかもにする通行料集めの盗賊、法外な値段で生活必需品を売りさばく商人たち、逃げる途中に母親を見失った迷子の幼な子、RPGお約束の小ネタもいっぱい。いずれここには来れなくなるので、クエスト見つけたらやってしまおう。

 ただ、ここのポイントはNPC集め。
 酒場では、生き残りウォーデン追討任務のローゲインの手先がたむろしている。

Screenshot20091108144213209
 レリアナ(Leliana)ちゃん。不在の神メイカーからブライト阻止を夢の中で直接命じられたと話す自称電波系の彼女。チャントリーのイニシエイト。でも元の職業はバードで、日々祈るだけの退屈な生活に飽きている。オーレイ生活が長いという、ガーリーな(おにゃにょこぽい)フレンチ娘w。わりと好みw。

 ローゲインの手先を打ち倒すと、レリアナが旅についてきたいという。断ってしまうとあっさり消えて居場所がわからなくなるし(真剣に探せばみつかるのかもしれない)、ローグは他にいないので、とりあえずキープしておく。

Screenshot20091108144655425
 これで私の一軍先発メンバーが全員勢ぞろい。もう他のNPCは付け足し程度で、最後までこの4人で間に合ってしまう感じ。(犬は勘定にいれません・・・。)

 そういえば、ここにはNPC候補者があともう一人いるのだが、アチーブメントで「すべての仲間をみつける」が欲しいのでもない限り、素通りでもいいかも。

Screenshot20091108161225616

 ステン。・・・以上。
 ううっ、本当に語るネタがない。

**********

 実は、おいおい語ろうとしてたのですが、このゲーム。潜在NPCについては凝っていて、

・ なにも全部リクルートする必要は一切ないし、
・ いらないから、消えろ言えば消えるし(再会できるかどうかも不明)、
・ 主人公の行動が気に食わないと好感度が下がって勝手にいなくなるし(この場合、再会は絶望的でしょう)、
・ さらに注意しないと、主人公と殺し合いになるケースも多々ある。
・ 最低最悪のケースは、出会った瞬間に応対を違えると、即戦闘になったりしちゃう。

 だから予備知識を持たずにやると本当は面白かったのかもしれない。
 公式でNPC名簿とか見ちゃってるから、とあるNPCと出会い頭でいきなりバトルが始まったときはまいった。

 他のおこちゃま向けRPGのように(誰もアーク・ザ・ラットなんていってねえよ)、一応バトルにはなるが、「まいった許せ」で仲間になるとか、甘いこと一切なし。

 通常の敵のように死体が転がって、身包みはいで、おしまい。ドラマから退場。
 Biowareらしいっちゃそうだけどね。

 

« 一度目のクリア(エンディングねたばれ注意) | トップページ | ロザリング、ヒーローズキャンプ »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32320353

この記事へのトラックバック一覧です: ロザリング:

« 一度目のクリア(エンディングねたばれ注意) | トップページ | ロザリング、ヒーローズキャンプ »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31