フォト

新ブログ

無料ブログはココログ

« Journeys, Generator, Social Network | トップページ | 種族とバックグラウンド »

2009年11月10日 (火)

6つの、12の、24のオリジンズ

 くどいようですがネタバレです。
 さて、いよいよ本題、プレイ報告に入りたいのですが、もうちょっとだけ。
 マルチオープニングのゲームですから、少しは作戦を考えましょう。

 Ch1_2

 各キャラクターは、このようなアイコンセットで示されます(やがて上級クラス(Specialization)が選べるようになるとそのアイコンも出るのでしょう)。

 左から性別、クラス、種族、氏素性となります。この例ですと男、ローグ、人間、ノーブル(貴族)。

  3つの種族のそれぞれについて次の氏素性(バックグラウンド)があります。

 人間:ノーブル(貴族)、メジャイ(魔術師)
 エルフ:デーニッシュ(流浪民)、シティ(エイリネイジと呼ばれる居住区民)、メジャイ(魔術師)
 ドワーフ:ノーブル(貴族)、コモナー(庶民)

 ちなみに、ドワーフは先天的・遺伝的にマジック・スポイル(一定の確率で魔法が効かないことがある)の資質があるため、メイジにはなれません。一方、人間にコモナー(庶民)の氏素性がないのは、単に開発負荷低減のためなのか、やがてDLCで追加されるのか、わかりません。

 3つのクラスも含めるとすべての組み合わせは12とおり。こうなります。

 1.人間、ウォーリアー、ノーブル
 2.人間、メイジ、メジャイ
 3.人間、ローグ、ノーブル
 4.エルフ、ウォーリアー、デーリッシュ 
 5.エルフ、ウォーリアー、シティ
 6.エルフ、メイジ、メジャイ
 7.エルフ、ローグ、デーリッシュ
 8.エルフ、ローグ、シティ
 9.ドワーフ、ウォーリアー、ノーブル
 10.ドワーフ、ウォーリアー、コモナー
 11.ドワーフ、ローグ、ノーブル
 12.ドワーフ、ローグ、コモナー

 ん、ローグのノーブルって変?
 たしかにローグ(裏街道流れ者)のノーブル(貴族)って形容矛盾な気もしますが、物語には貴種流離譚てのがあるんですよね。高貴な血脈に生まれた子が、何らかの理由で不幸な身の上となっても、旅や冒険の道のりで善行・徳行を重ねていく。
 そしてご心配なく。すべてのノーブル主人公(PC)は、当然流離します。そうじゃないとストーリーが進まないから。 

 では、Originsには上記12とおりの「オリジン」(物語などの始まり、原因、因縁という意味があります)のストーリー、オープニングがあるのでしょうか?
 これは確認せずにいられない。ということで、全12とおりではないですが、できる限り確認をすることにした。これが意外と大変で、まずキャラクタをそれぞれ作らないといけない。お試しなので適当でもよかったかもしれませんが、オープニングシークエンスは1キャラあたりだいたい2時間とけっこう時間がかかるので、その進捗を捨てるのはもったいない。後々育てて問題ないようなビルドとルックス(大事!)にしないといけない。下の例は全員ではないですが、こんなふうにキャラをバンバン作っていったわけです。たしか8人か9人くらいいます。

 Lissa1_5

今のところ一番ストーリーが進んでるメインキャラ。女性、ウォーリアー、人間、ノーブル。

  Dahram

 男性、ウォーリアー、ドワーフ、ドワーフノーブル。

 Lynn_2

 女性、ローグ、エルフ、デーリッシュエルフ。

 Layla

 女性、メイジ、エルフ、メジャイ。 

 なお、セーブファイルの管理はキャラクタごとにしっかり分かれているので、複数キャラを並行して進めても、後から混乱することはなさそうです。

 結果、一部取りこぼしがありますが、残念ながらそこまでの数はないことがわかった。
 ウォーリアーとローグはほぼ一緒の扱いを受けます。人間のメジャイもエルフもほぼ一緒。
 私が確認したところでは、次のようなオープニングが用意されています。

 1、3; 人間のとある高名な領主の第二子として
 2、6; サークル・オヴ・メジャイと呼ばれる魔術研究所の見習い魔術師として
 4、7; 流浪の民、デーリッシュエルフの若きハンターとして
 5、8; エイリアネイジと呼ばれる、賎民居住区の花婿(花嫁)として(注)
 9、11: もはや数少ない地下ドワーフ王国の第二皇子(皇女)として
10、12: 地下ドワーフ王国の裏の世界から抜け出そうと模索する闇の仕事人として

 6とおり。 まあ、これだけあれば満足すべきでしょうね・・・。12とおり見たかった気もするが、高望みしすぎか。

 なお、性別(男女)2通りを加味すると24通りになる。上記(注)のところ、ここはまだ主人公が花嫁ヴァージョンを確認していないのですが、話の中身上、花嫁が連れ去られる(笑)なので、違ってるかなー。たぶん進行、結末に大きな違いはないと思う(要確認)。
 ただし、主人公が男性か女性かで、けっこうなボリュームの会話の台詞がガラリと変わります。

 例えばカースト制があるドワーフ王国で、独身の皇子がぶらりと街を行けば、庶民の女性が貴族との結婚(=自動的に成り上がり)を目当てに色目を使って寄ってきます(一夫一婦ではないようだ)。ふたりのドワ娘に声をかけられ、「今夜はどっちにするの?」「いや二人いっぺんに」って、私はそれを選んだが、どっちかひとり選ぶこともできたのかしら。その夜、就寝前に主人公の右腕である戦士の台詞は「あんまり彼女たちを待たせないように」だったんで、どちらかひとりを選んだら、ここの台詞も変わるのか。そんな気配りもあるのかもしれない(要確認)。
 これが皇女だと、逆に「いい人を紹介してあげましょうか?」となる。かなり長めのやり取りがほぼ完璧に違っていてなかなか芸が細かい。

 これに種族違いで会話が違う場合まで入ってくるから、台詞を用意するライター(たち)は全24とおりを気にしつつシナリヲを書き進め、声優さんたちも細かい台詞まで「彼、彼女、息子、娘」などいちいち使い分けさせられていて、マネジメントは大変そうですが、率直にいって素晴らしいなあ。

 冒頭、クリアに1時間、2時間くらいかかるシークエンスが6通り。やがて上述の身分やら立場などが、やむをえない理由ですべて奪い去られ、その時点でグレイウォーデンの生き残りが登場し(冒頭いきなり登場する場合もある)、本人納得づくで、またはウォーデンの強制徴集の権限(ご印籠みたいなもんで発動されると誰もはむかえない)によって、グレイウォーデンの候補者として入団のために連れて行かれる。

 そこから先、主人公がジョイニングと呼ばれる儀式を経てウォーデンになるまでは、ほぼ一緒ですし、そこから先はかなりオープンワールドになるのですが、大きなストーリーはもう一緒でしょうね。

 エンディングもマルチらしい。アチーブメントのひとつに「すべてのエンディングを見る」があるため、気がついてしまった・・・。
 さらに上述の各オープニングには、結末がないルーズエンドのままホッタラカシにされた、彼ら彼女らが身分を剥奪される原因となった、あるいはそれゆえに放置せざるを得なくなったサイドストーリーがあるのです。
 例えば1,3では、無防備状態の主人公家から領土を奪い取ったにっくき政敵。一方その政敵に騙されて援護もなく前線に送り出された長兄の消息。
 2,6では、主人公が逃亡を幇助した、あるいはそうみせかけて罠にはめようとした(どちらか主人公が選べるはず)ブラッドメイジ(D&Dでいうネクロマンシーに似た、ご法度の暗黒魔術の遣い手)が、するりと逃げ延びます。
 5,8では、主人公がようやく救出した花嫁。グレイウォーデンになることで家族との接触が禁止されることになるため、新婚初日で泣く泣く離別(花婿版は未確認・・・)。

 こうしたサイドストーリーが、いたるところでメインストーリーに絡んでくる(はず)。人間のウォーリアーである私の今のメインキャラは、もうすでにある場面で上述のブラッドメイジに遭遇した。それもただ単に挨拶を交わして終わり、ではなく、かなーり重要なプロット上の人物として。もし主人公が、このブラッドメイジと因縁ありまくりのメイジだったら、またガラリと違う展開になるのかしら、とまた確認したい事項が増えていく・・・。

 人間ノーブルのにくき政敵は策略によってどんどん勢力を拡大している様子が放浪の身の主人公にも伝わってくる。いずれどこかで決着をつけるのでしょうか。

 そして、こうしたストーリーの細かいディテールまで含めて、全部を経験するには、いったい何回プレイしないといけないでしょうかぁ(マゾうれしい悲鳴)。

« Journeys, Generator, Social Network | トップページ | 種族とバックグラウンド »

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250934/32148688

この記事へのトラックバック一覧です: 6つの、12の、24のオリジンズ:

« Journeys, Generator, Social Network | トップページ | 種族とバックグラウンド »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31